就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

在留資格認定証明書交付申請書の同居者について

在留資格認定証明書交付申請書の記載項目には、「在日親族(父・母・配偶者・子・兄弟姉妹など)及び同居者」を記載する項目があります。

ご注意いただきたいのが、「及び同居者」という点です。申請書には、親族でない同居者も記載しなければなりません。

最近の入管では、在留資格の更新や変更の際などに、過去の申請データなどと照合をかけ、不許可にするなどの事例も出てきています。

例えば、「技術」の在留資格を取得した方で、許可申請時に同居の日本人交際相手がいたとします。

それで、申請書内のこの項目に、「在日親族及び同居者 なし」と記載してしまったとします。それでも許可はおりました。

その後、その方はめでたく同居の交際相手と結婚に至り、「技能から日本人の配偶者」へと在留資格の変更をしたとします。

その際、過去の申請書に「在日親族及び同居配偶者 なし」 と記載していることを指摘されてしまうといったケースがあります。

場合によっては、今までの同居が認められなず、日本人の配偶者への資格変更ができないといった事態になりかねませんので注意しましょう。

 

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top