就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

在留資格について

在留資格とは

在留資格とは、外国人が日本に在留する間、一定の活動を行うことができる入管法上の資格のことを言います。
現在日本には、在留資格として27種類のものがあります。
外国人が日本に在留するには、27種類のいずれかの在留資格にを取得しなければなりません。
また、この在留資格は、同時に2つの種類を持つことはできません。

在留資格の種類

在留資格には下記のように、就労が認められるものと認められないものに分けられます。

就労が認められる在留資格

外交、公用、教授、芸術、宗教、報道 投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務 企業内転勤、興行、技能

就労が認められない在留資格

留学、就学、研修、家族滞在

在留資格認定証明書

上記のように、在留資格は27種類もありますが、 基本的には、大体の方があてはまるのはこのなかのいくつかではないかと思います。
この在留資格を与えられているということを証明するものが『在留資格認定証明書』です。
『在留資格認定証明書』とは、法務大臣が発行する証明書です。
法務大臣は、在留しようとする外国人が上陸するための条件を満たしているか否か事前に審査し、条 件を満たしている場合に、交付します。
『在留資格認定証明書』を取得するためには、外国人本人または、外国人を雇用している企業、 行政書士や弁護士などの申請代理人が、入国管理局に交付申請を行います。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top