就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

就職活動のビザとは? (大学卒業後、就職活動)

留学のビザで学校にいたが、卒業する(卒業した)のに就職が
まだ決まっていない、ビザの更新で不安がある、という方も
いらっしゃるかと思います。

大学を卒業した後で、すぐに就職が決まっていると
いう状態であれば、現在の留学等のビザから就労関連のビザに
変更するという手続きが一般的なものになりますが、
そうではなく、就職活動中である場合、「特定活動」の
ビザが必要になります。

留学のビザでは卒業後は通用しなく、そのまま日本にいては
不法滞在となってしまいますので注意が必要です。

この特定ビザの対象は
就職活動中の大学生で卒業した場合もしくは
専門学校生で「技術」「人文知識・国際業務」等の
在留資格に該当する活動と関連がある者とされています。
ここでは大学生の卒業後の就職活動について
説明いたします。
必要な書類としては以下のものになります。

1 在留資格変更許可申請書
2 写真(縦4cm×横3cm)
3 在留カードの提示
4 申請人の在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書
5 身分を証する文書等(取次証明書,戸籍謄本等)の提示
(本人以外が申請する場合)
6 直前まで在籍していた大学の卒業証書(写し)又は卒業証明書
7 直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状
8 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料
※審査の過程で上記以外の資料を求められる場合も
あります。

※当内容の作成は作成時点の内容であり、現時点での内容を
保証するものではありません。ご自身のみで申請する場合には
必ず入国管理局への確認の上、ご対応をお願いいたします。
ポイントとしては
・大学から認められていること
(推薦状をきちんと出してもらえること、出し渋る大学もあるため
はやめに学校側とは話をしておきましょう)

・日本に滞在する資金があることが証明できること。
(日本で生活するのにはお金がかかるので、そのお金が
きちんとあることを説明できること)

・就職活動を行っているということが証明できること
(本当に就職活動をきちんと行っているのか?ということを
疑われないために活動の経過については記録を残しておき
説明できるようにしておきましょう)

という点になってくるかと思います。

自分だけで準備をした場合、間違った内容になってしまって結果
許可がおりないということになってしまう可能性もあります。
準備について不安な方は専門家への相談をおすすめいたします。
当事務所でも入管の専門家が在籍しております。
是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top