就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

日本への入国が認められる目的は?

日本に入国したいという外国の方の場合、
その目的にあった在留資格を持っていることが
入国の前提となります。

では、どのような目的を持っていれば
在留資格を得ることができて、日本に入国することが
できるのでしょうか?

この目的・在留資格については入管法で定められており、
現在27種類の在留資格が存在します。
・外交
・公用
・教授
・芸術
・宗教
・報道
・投資・経営
・法律・会計業務
・医療
・研究
・教育
・技術
・人文知識・国際業務
・企業内転勤
・興行
・技能
・技能実習
・文化活動
・短期滞在
・留学
・研修
・家族滞在
・特定活動
・永住者
・日本人の配偶者等
・永住者の配偶者等
・定住者

これらは自ら選んで、取得するものにはなりますが
それぞれ要件があり、誰もが容易に取得できるものでは
ありません。

また、上記の在留資格に該当しなければ、日本に
在留することはできないということになってしまいます。
この在留資格を見ればわかるとおり、この資格の中に
単純労働を承認するような資格は存在しません。

日本で働きたいと思っても、就労制限のない、永住者や
定住者であれば良いのですが、そうではない場合、
ただ雇ってくれる場所があるというだけでは就労の許可は出ず、
上記資格に該当するものがあるということを証明しなければ
いけないのでご注意ください。

ご不安な点等がございましたら当事務所でも書類の作成代行・
提出も行っておりますのでお気軽にご相談いただければと
思います。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top