就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

日本人と離婚した場合の在留資格は?日本にいられるのでしょうか?

外国の方で日本人と結婚した場合は、
「日本人の配偶者等」の在留資格が付与されるので、
日本で在留できることになりますが、
もしその結婚している日本人と離婚してしまった、
または死別してしまった、そのような場合は、
日本人の配偶者ではなくなってしまいますので
この在留資格が適用されないということに
なります。

では、その場合は日本に在留することが
できるのでしょうか?

離婚等で日本人の配偶者ではなくなってしまったと
いう場合、14日以内に法務大臣宛で届出を
しなければいけないということになっています。
届出をしなかった場合、20万円以下の罰金というのも
ありますし、他の資格に変更する際の心証が悪くなると
いう点もありますので、しっかりと手続きはしておきましょう。
離婚をした再、日本国籍を有する未成年の子がいて、
その子を養っているという場合、定住者の資格に変更が
可能です。

子どもがいないという場合は難しくなってきます。
日本での生活状況や、日本での生活期間においては
認められる場合がありますが、必ずしも日本に在留できる
よう許可が下りるかどうかはわからないという難しい
状態で、さまざまな要素で総合的に判断されるものに
なります。

内容・状況によっては難しいものもあるかもしれませんが、
当事務所でも多くの相談を承っております。困った際には
是非お気軽にご相談いただければと思います。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top