就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

日本人の配偶者等の在留資格、離婚しても日本にいられる?

日本で、日本人と結婚し、日本人の配偶者等の在留資格を与えられている外国人が、その日本人と離婚した場合、日本人の配偶者の在留資格には該当しなくなります。
離婚後も日本に居続けたい場合、在留資格を変更許可を受ければ、新しい在留資格で日本に居続けることができるようになります。
日本人の配偶者と死別してしまった場合も同様です。

なお、平成21年の法改正により、「日本人の配偶者等の在留資格で在留するものは配偶者と離婚または配偶者が死亡した場合には、法務大臣に対して14日以内に届出をしなければならないこととされました。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top