就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

配偶者ビザについて

配偶者ビザとは

外国人が日本人と結婚し、日本に在留する場合のビザのことを言い、在留資格は、「日本人の配偶者等」となります。
この在留資格の取得の要件は、単に結婚をしていることだけでなく、夫婦生活の実態があることを重視しています。
また、偽装結婚等の問題もあり、年々厳しくなってきています。
1度不許可となってしまっても、入局管理局に再度面談を申し込み、理由を聞いてあきらめずにチャレンジすることも大事です。

国外にいる配偶者を日本へ呼び寄せる

国外にいる配偶者を日本へ呼び寄せる 国外にいる配偶者を日本へ呼び寄せるには、入国管理局へ在留資格認定証明書の交付申請を行い、 配偶者が「日本人の配偶者等」に該当するか否かを、事前に審査をしてもらいます。
許可が出た場合、配偶者のいる国の日本大使館等で申請を行いビザを取得します。 そして、日本への入国審査時に「日本人の配偶者等」の在留資格を取得します。

呼び寄せの際に配偶者ビザの取得に必要なもの

配偶者を呼び寄せる際のビザの取得には、事前に入国管理局への在留資格認定証明書の交付申請が必要となりますが、 その申請に必要となる主なものは以下の通りです。

配偶者ビザの取得には、事前に入国管理局への在留資格認定証明書の交付申請が必要となりますが、 その申請に必要となる主なものは以下の通りです。

在留資格認定証明書交付申請書
夫婦の写った写真
外国人配偶者のパスポート
外国人配偶者の本国の結婚証明(要日本語翻訳)
婚姻後の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
申請代理人の住民票
外国人配偶者の出生証明書等
夫婦の住まい予定の不動産の賃貸借契約書等
外国人配偶者の出生証明書等
申請代理人の源泉徴収表
申請代理人の在職証明書
申請代理人の納税証明書
申請代理人の収入を証明するもの
申請代理人宛の返信用封筒

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top