就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

高度人材に対するポイント制による優遇制度

高度人材に対するポイント制による優遇制度は、平成24年5月にできた新しい制度で、現行の外国人受入れの範囲内で就労をできる外国人の中から、日本の経済成長・新たな需要と雇用の創出に資することが期待される高度な能力や脂質を有する高度人材の受け入れの促進のため、ポイントの合計が70点に達した外国人を高度人材と認定し、在留等にあたって優遇措置をとる、という制度です。
(就労の在留のない外国人は対象となりません)

申請時に本人の希望に応じて、活動内容を次の3つに分類し、高度人材外国人の活動内容をそれぞれの活動の特性に応じて,「学歴」「職歴」「年収」「研究実績」等の項目ごとにポイントを設定し、評価されます。
①学術研究活動
②高度専門・技術活動
③経営・管理活動

ポイント評価の結果,70点以上獲得した方を高度人材外国人とします。高度人材外国人には,以下の出入国管理上の優遇措置が付与されます。 

①複合的な在留活動の許容
②「5年」の在留期間の付与(注)
③在留歴に係る永住許可要件の緩和(概ね5年で永住許可の対象とする)
④入国・在留手続の優先処理
⑤高度人材の配偶者の就労
⑥一定の条件の下での高度人材の親の帯同の許容
⑦一定の条件の下での高度人材に雇用される家事使用人の許容

※5年」の在留期間の付与については,平成21年に可決・成立した改正入管法の施行日(平成24年7月9日)から実施となります。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top