就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

500万円相当の投資は、親族等からの援助でも大丈夫です

投資経営ビザを取得するためには、現状500万円相当の投資が必要とされています。

この500万円相当投資、どのように用意しますか?ご相談で多いのが、親族等に一部援助をしてもらう、というケースです。

親族からの援助(もらう・かりる)の場合であっても、お金が用意できれば、とりあえずは要件はクリアできます。

ただし、入管は実態を見ますので、援助をしてもらうのであれば、手渡しではなく、口座を通して証拠を残したり、契約書などを取っておくことが大事です。

ちなみに、よくあるタンス貯金(口座などでお金を管理せずに自宅で貯金をすること)などでは、どのように貯めたのか?などを、収入額から算出して説明するなど、大変な場合があります。

また、融資を検討されている場合、資金の要件が投資経営ビザの場合より厳しめなので注意が必要です。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top