就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

永住ビザについて

永住ビザとは

外国人が日本に永住する為の在留資格のことを言います。
永住者となると、在留の活動や期限などの制限がなくなり、自由に活動することができます。
しかし、永住ビザを持っているからと言っても、外国人であるということ自体に変わらない為、 再入国許可申請をし忘れて日本を出国してまった場合などは永住の在留資格はなくなってしまいますので、 注意が必要です。

永住ビザ取得のための要件

永住ビザを取得する為には、以下の要件を満たし、在留資格の変更の申請をする必要があります。

原則として10年以上日本に在留していること

例外として、留学生として日本に在留しており、卒業後にそのまま就労している場合などは、就労の在留資格を取得後おおむね5年以上の在留歴を有していれば認められることがあります。また、日本人や永住者の配偶者である場合は、婚姻後3年以上日本に在留していれば認められることがあります。

在留期間が3年であること

在留期間3年経過後に申請の土台に乗ってきます。

素行が善良であること

法に違反していない、税金を滞納したことがないことなどが必要です。
交通事故等にも気をつけましょう。

独立の生計を営むのに足りる資産または技能を有すること

収入面等も見られます。

法務大臣が、その外国人の永住が日本の利益に合致していると認めること

行政庁にかなりの裁量があります。

永住許可の申請

永住ビザの申請には特に時期の指定はなくいつでも申請することが出来ます。
また、この永住許可申請と在留期間更新の申請は同時に行うことも出来ます。
そして、永住許可の申請をしているからといって、在留期限が迫ってきた場合は、別途在留期間更新の申請を行わなければなりません。

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top