就労ビザ・投資経営ビザ・配偶者ビザの申請(東京・埼玉)

投資経営ビザ 資本金500万円は減資してはいけません。

外国人が日本で会社を設立するなどで起業する場合、日本人の配偶者や永住者などでない限り、投資経営の在留資格のビザを取得する必要があります。
この投資経営ビザを取得するための要件として、500万円以上の資金を用意する必要があります。

親族からもらったり、借りたりする場合でも、口座への入金履歴や、贈与契約書、金銭消費貸借契約書を用意するなど、客観的にわかる状態であれば、大丈夫です。
ただし、きちんと返済できる事業計画でなければなりません。

そして、通常は、500万円を資本金として会社を設立しますので、資本金が500万円などとなります。

資本金として500万円を入れる場合、減資してしまうと投資経営ビザの更新ができなくなってしまいますので、注意が必要です。
資本金は運転資金ですから、もちろん、広告投資したり、給与を支払ったりなどで、使うことは問題ありません。
ただ、減資してしまうとダメです。(ですので、見せ金のような感じで一時借りてきて、投資経営ビザを取得したのちすぐに減資して、返金する、ということはやってはいけません)
ご注意くださいませ。

投資経営ビザや会社の設立、不動産物件探しなど、私たちウィズアスですべてご対応しています。お気軽にご相談下さい。

image10

 

お問い合わせ

ご来所での相談をご希望の場合、担当者が不在の場合が ございますのでご予約をお願いいたします。

事務所代表者ご挨拶

Top